邦画邦画アクション

薔薇の標的 (1980)

邦画

製作年度:(1980)
製作国:日本

出演: 舘ひろし, 中島ゆたか, 本間優二, 松田優作(特別出演)
監督: 村川透

解説

4年ぶりに野本宏が横浜の街に帰ってきた。4年前、野本は麻薬取引の現場を、八木をはじめとするヤクザたちに襲われ、弟分を殺された上に、麻薬と現金まで奪われ、警察に逮捕されたのだった。通報したのは八木のボス・井土垣に間違いない。復讐を誓う野本は八木から金を巻き上げ、パリッとしたスーツ、4ドア・セダンの国産車で横浜の街を疾走する。そんな野本に音もなく殺し屋たちが近づいた。井土垣の配下のものたちだった。取り囲まれた野本は、一足先に出所していた刑務所仲間の門田に救われる。野本は、門田に井戸垣の麻薬を横取りしようと持ちかけられ、明の恨みを晴らすためにこの計画に参加することを決めた。

タイトルとURLをコピーしました