洋画洋画コメディ

その男 ヴァン・ダム

洋画

JCVD
製作年度:(2008)
製作国:ベルギー/ルクセンブルク/フランス

出演: ジャン=クロード・ヴァン・ダム, フランソワ・ダミアン, ジネディーヌ・スアレム
監督: マブルク・エル・メクリ

解説

アクション俳優のジャン=クロード・ヴァン・ダムが本人を演じ、新境地を開拓したメタ・フィクション・コメディー。仕事も干され親権争いでも不利に立たされたヴァン・ダムに襲いかかるさらなる悲劇を、皮肉とユーモアたっぷりに描き出す。監督は本作が長編2作目となるマブルク・エル・メクリ。ハリウッドで成功と挫折を経験し、辛酸をなめてきたからこそのヴァン・ダムの哀愁と切なさのにじむ熱演が、じんわりと心にしみてくる。

あらすじ

かつての輝きを失ったアクション・スター、ヴァン・ダム(ジャン=クロード・ヴァン・ダム)。ギャラは下がり親権争いでも窮地に立たされ、疲れたヴァン・ダムは故郷ベルギーに戻ってくる。ところが、偶然立ち寄った郵便局に強盗犯がいたことから、警察や市民はヴァン・ダムを犯人だと思い込んでしまい……。

タイトルとURLをコピーしました