邦画 邦画エロス 邦画時代劇

ところてんの女

邦画

ところてんの女 真夜中に別の顔
製作年度:(2006)
製作国:日本

出演: 平沢里菜子, 豊永伸一郎, 野村貴浩, 荒井まどか, 銀治
監督: 渡辺世紀

解説

町飛脚をしている大男、与兵衛。欠点は鈍足。同僚の伝助にはいつもそれでバカにされていた。ある日、街で若い侍から手紙を頼まれる。それは、町はずれの裏通りにある、ところてん屋の娘に届けてくれというものだった。そこへ行くと確かにところてんの屋台が出ており、若い娘、お凛が一人で店をやっていた。お凛に手紙を渡す与兵衛は、その可憐な姿に目を奪われてしまう。それから何回か同じように侍からお凛に手紙を届け続ける与兵衛。ある夜、すっかりお凛に恋してしまった与兵衛が、眠れずにところてん屋を訪れる。と、お凛の様子がいつもと違う。「ところてんお好き?」と、聞いてくるお凛。誘われるまま、裏手の小屋へいざなわれる与兵衛。二人きりになると、いきなり着物を脱ぎだすお凛。度肝を抜かれる与兵衛。お凛はところてん屋を装った街娼だった。しかも、ところてんを使った、見たこともないプレイ。与兵衛はショックを受けるとともに、どうしようもない衝動にかられる…

タイトルとURLをコピーしました