邦画邦画ドラマ邦画ファンタジー

聖母観音大菩薩

邦画

製作年度:(1977)
製作国:日本

出演: 松田英子, 佐久田修, 浅野温子
監督: 若松孝二

解説

巨匠、若松孝二監督が『愛のコリーダ』の松田英子を主演にメガホンを握った異色官能映画。北陸の漁村で、人魚の肉を食べたせいで不老不死となり、800歳まで生きたという土地の伝承「八百比丘尼伝説」をモチーフとして、人間の永遠のテーマである生と死を問いかける。ある日、皮膚がかさぶたに覆われ、町の人々から除け者にされていた老人を比丘尼は小屋に迎え入れる。ひたすら老人につくすと、唐人は恍惚の吐息をもらして死んでいった。比丘尼は800歳まで生きて、なお乙女の面影を持つという不老不死の美女であった・・・。

タイトルとURLをコピーしました