邦画 邦画ドラマ 邦画時代劇

源氏物語 浮舟

邦画

製作年度:(1957)
製作国:日本

出演: 市川雷蔵, 長谷川一夫, 山本富士子, 乙羽信子
監督: 衣笠貞之助

解説

北条秀司の同名戯曲をもとに「月形半平太」の衣笠貞之助が脚色・監督を務めた。「宇治十帖」に登場する浮舟の悲恋を描く王朝絵巻。「朱雀門」の八尋不二が共同で脚色し、「母白雪」の竹村康和が撮影を担当した。  母親の中将と平安の都を訪れた浮舟は、光源氏の子である薫の君と出会い、恋に落ちる。浮舟と中将は匂の宮の館に滞在しているが、美貌の貴公子である匂の宮は気に入った女を次から次へと愛する快楽主義者だった。浮舟は薫の君から想いを告げられるが、その気持ちを受け入れることができない。匂の宮は薫の君が皇女二の宮と結婚することになったと吹聴し、動揺する浮舟を抱いてしまう。薫の君は地位も名誉も投げ打ち、浮舟のもとへ牛車を急がせるのだったが…。

タイトルとURLをコピーしました