洋画 洋画ドラマ

タッチ・オブ・スパイス

洋画

A TOUCH OF SPICE
製作年度:(2003)
製作国:ギリシャ

出演: ジョージ・コラフェイス, タソス・バンディス, マルコス・オッセ, タマール・カラダリ
監督: タソス・ブルメティス

解説

ギリシャで『タイタニック』に続き、映画史上第2位の興行収入を記録した、ギリシャ版『ニュー・シネマ・パラダイス』ともいえる感動の人間ドラマ。本作が映画デビューとなる子役のマルコス・オッセと祖父役のベテラン、タソス・バンディスの心温まる交流にいやされる。スパイスをとおして美味しく健康に食べることと、人生哲学を孫に教え込む祖父の賢さに古き良き時代のノスタルジーと食欲を同時に呼び覚ます傑作。

あらすじ

1950年代のコンスタンチノープルで祖父(タソス・バンディス)からスパイスの効用と天文学を学んだファニス(マルコス・オッセ)。やがて彼は大好きな祖父と別れ、家族とアテネに強制退去させられる。

タイトルとURLをコピーしました