邦画 邦画アクション

からっ風野郎

邦画

製作年度:(1960)
製作国:日本

出演: 三島由紀夫, 若尾文子, 川崎敬三, 船越英二
監督: 増村保造

解説

文豪の窮児・三島由紀夫が、裸の胸に皮ジャンを羽織ったクールなヤクザに扮し初映画主演を果たした話題作。監督・増村保造は、東大法学部の同期生でもあり、同時既に世界的に高名な作家になっていた三島に対して厳しい態度で臨み、役者として徹底的にしごいたといわれる。非常の世界を背景にしたアクション・ドラマの一方で、異色の青春映画の傑作としても評価を得た。エスカレーターを巧みに使用したラストシーンの演出は出色である。 出所したばかりの朝比奈一家二代目親分・朝比奈武夫は、ひょんなことから出逢った映画館のモギリ・芳江の一途な純粋さに触れ、ヤクザ稼業の空虚さを知る。が、非常な殺し屋の銃弾が彼の間近に迫っていた…。

タイトルとURLをコピーしました