邦画 邦画アクション 邦画サスペンス

ある殺し屋

邦画

製作年度:(1967)
製作国:日本

出演: 市川雷蔵, 野川由美子, 成田三樹夫, 渚まゆみ, 千波丈太郎
監督: 森一生

解説

藤原審爾の原作『前夜』を映画化。市川雷蔵がクールな殺し屋を演じ、続編「ある殺し屋の鍵」も制作された。一杯飲み屋“菊の家”の店主・塩沢は、どんな困難な殺人も針一本でやってのける殺し屋だった。ある日、無銭飲食でつかまりそうになった圭子を助けたことから、彼女は塩沢の店に住み込みで働き始める。暴力団の木村組から、敵対する組織のボス殺しを依頼された塩沢は、二千万円でその仕事を引き受け、見事に仕事を成功させた。塩沢の仕事ぶりに惚れ込んだ木村組幹部の前田は、塩沢に弟子入りを頼むが断られてしまう。

タイトルとURLをコピーしました