邦画 邦画サスペンス 邦画ドラマ

臍帯

邦画

製作年度:(2012)
製作国:日本

出演: 於保佐代子, 柳生みゆ, 滝沢涼子, さくまひろし, 深水元基
監督: 橋本直樹

解説

『君と歩いた道』などの橋本直樹監督が、劇場版長編作に初挑戦した個性あふれる意欲作。逃れられない宿命にもがき苦しむ母娘の姿を、オリジナリティーあふれる視点から切り取ってみせた。主演を『ハリヨの夏』の於保佐代子が務め、その母親を『蟹工船』などの滝沢涼子が演じている。彼女のもう一人の娘を『それでもボクはやってない』の柳生みゆが熱演。思いがけないストーリー展開でなだれ込む衝撃のラストシーンにがく然とする。

あらすじ

ミカ(於保佐代子)は出産直後に置き去りにされ、両親の顔を知ることなく養護施設で成長する。やがて一人前になった彼女は、自分を捨てた母親直子(滝沢涼子)の消息をつかむことに成功するが、そこには夫と高校生の娘(柳生みゆ)と共に幸福な家庭を築いている母の姿があった。数日間その家を監視していてミカは、ある決意をする。

タイトルとURLをコピーしました