邦画 邦画コメディ 邦画ドラマ

淑女は何を忘れたか

邦画

製作年度:(1937)
製作国:日本

出演: 栗島すみ子, 齋藤達雄, 桑野通子, 佐野周二, 坂本武
監督: 小津安二郎

解説

小津安二郎がゼームス・槇名義で伏見晁と書いたシナリオを、自ら監督したコメディ作品。アメリカ映画の影響を包み隠さず表出させた小津のトーキー第2作で、主人公の姪を演じた桑野通子が魅力的に描かれている。  大学教授の小宮(通称ドクトル)は妻の時子に頭が上がらない。時子は小宮の助手を友人の子供の家庭教師に決めたり、週末には夫の小宮を無理矢理ゴルフに行かせたり、小宮の生活を勝手に動かしていた。そんなある日、大阪から小宮の姪である節子が上京してくる。節子のモガぶりに刺激された小宮は、生まれて初めて妻に手を上げた。ところがそれ以来、夫婦仲が良くなってしまい…。

タイトルとURLをコピーしました