洋画洋画ドラマ洋画史劇

イントレランス

洋画

INTOLERANCE
INTOLERANCE: LOVE’S STRUGGLE THROUGH THE AGES
製作年度:(1916)
製作国:アメリカ

出演: リリアン・ギッシュ, メイ・マーシュ, コンスタンス・タルマッジ
監督: D・W・グリフィス

解説

“映画の父”D・W・グリフィスの代表作という枠にとどまらず、全映画の中でも避けて通るわけにはいかない歴史的傑作。古代バビロンの崩壊を描く<バビロン篇>、キリストの悲運を描く<ユダヤ篇>、聖バーソロミューの虐殺を描く<中世篇>、ストライキで職を失った青年と乙女の純愛を描く<現代篇>の4つの物語が完全に平行で進んでいく。一見何の関連も無さそうな4つの物語が、愛と寛容をキーワードに(タイトルのイントレランスとは不寛容の事)やがてひとつの大きなうねりとなる展開は“驚愕”の一言しかない! 89年にフル・オーケストラの伴奏付きで大々的にリバイバル上映され、そのバージョンにはSFXの名手リチャード・エドランドによるイメージ・オープニングが付加された。

タイトルとURLをコピーしました