邦画邦画ドラマ邦画青春

真夜中の少女たち

邦画

製作年度:(2006)
製作国:日本

出演: 高部あい, 波岡一喜, 藤森麻由, 温水洋一, 日向丈
監督: 堀江慶

解説

子どもと大人の狭間で苦悩する17歳の少女たちの日常をつづったオムニバス映画。監督を務めた『ベロニカは死ぬことにした』の堀江慶と本作が監督デビューとなる佐伯竜一が、放課後から始まる4つの物語ごとに独自の世界観を作り上げた。5人のヒロイン役にふんした、高部あい、長谷部優、上堂薗恭子、渋谷飛鳥、佐津川愛美ら若手女優が、等身大の演技でみずみずしく演じきり、現代の女子高校生たちの悩みや焦りをリアルに表現している。

あらすじ

平凡な毎日に憤りを感じている女子高生のミオ(高部あい)は、友人のチエ(藤森麻由)と前々から計画していた渋谷行きを実行する。しかし、ミオだけが終電に乗らずに取り残されてしまい1人で途方に暮れていると、カフェバーで働くテツ(波岡一喜)と知り合う。「自由って何?」と疑問を抱くミオは、店の常連のホームレスたちと渋谷で鬼ごっこしようと提案する。(『シブヤドロップス』より)

タイトルとURLをコピーしました