洋画洋画ホラー

The Cat ザ・キャット

洋画

CAT
製作年度:(2011)
製作国:韓国

出演: パク・ミニョン, キム・ドンウク, キム・イェロン
監督: ピョン・スンウク

解説

テレビドラマ「トキメキ☆成均館(ソンギュンガン)スキャンダル」などで人気の韓国の若手女優パク・ミニョンが、映画初出演でヒロインを演じた驚がくのホラー。動物好きの主人公がある変死事件にかかわってから、彼女の周りで次々と起きる不可思議な現象を追っていく。『カフェ・ソウル』のキム・ドンウクや、『アジョシ』の名子役キム・セロンの妹キム・イェロンが共演。ストーリーの鍵を握る猫たちの存在感と、謎の少女の登場に背筋が凍る。

あらすじ

ペットショップでトリマーとして勤務している閉所恐怖症のソヨン(パク・ミニョン)は、動物たちに囲まれ、心癒やされる日々を送っていた。そんなある日、彼女がトリミングを担当した猫ビダンの飼い主が、エレベーターの中で奇妙な死を遂げるという事件が起きる。そしてソヨンはその事故以降、自分にだけしか見えないおかっぱの少女(キム・イェロン)の姿が見えるようになり……。

タイトルとURLをコピーしました