邦画邦画ドラマ

明日に架ける愛

邦画

製作年度:(2011)
製作国:日本

出演: 市井紗耶香, アレックス・ルー
監督: 香月秀之

解説

日中国交正常化40周年を記念し、中国残留日本人孤児だった祖母とその孫娘、中国から日本へ仕事でやって来た青年との交流を通して、受け継がれていく命について描いた感動ドラマ。リンゴ農園や弘前城といった自然と歴史を思わせる情景、北京で実際に開かれたファッションショーの裏側などを織り交ぜ、運命によって結ばれる3人の物語をつづってゆく。主演は、元モーニング娘。の市井紗耶香と、新人の中国人俳優アレックス・ルー。長年心にしまっていた祖母の思いと、国境を越えてつながる人間同士のきずなに目頭が熱くなる。

あらすじ

事故で両親を亡くした悠子(市井紗耶香)は祖母(八千草薫)に育てられ、今では一人で娘を育てながらウエディングドレスデザイナーとして活躍していた。そんな中、中国で開かれるショーのために描いた悠子のデザインが、ディレクター王予安(アレックス・ルー)の興味を引く。それは、小さいころに悠子が王と一緒に遊んだときの菜の花畑がモチーフとなっているデザインで……。

タイトルとURLをコピーしました