邦画邦画文芸

吾輩は猫である

邦画

製作年度:(1975)
製作国:日本

出演: 仲代達矢, 波乃久里子, 伊丹十三, 岡本信人, 岡田茉莉子
監督: 市川崑

解説

有名な夏目漱石の処女小説を、八住利雄が脚色し、市川崑が潤色・監督したコメディ。全編においてバッハの音楽を使用。1936年に山本嘉次郎監督版が公開されており、本作は二回目の映画化となる。  中学校の英語教師である珍野苦沙弥は、妻、三人の娘、女中のおさんと紛れ込んだ猫の「吾輩」と暮らしている。家には美学者の迷亭や理学士の寒月が出入りしているが、彼らの目当ては苦沙弥の姪の雪江だった。寒月は実業家である金田の娘に恋をするが、苦沙弥は政治を利用して金儲けをする金田が気に入らない。吾輩は琴の師匠に可愛がられている三毛猫に恋をするが、三毛は車屋のクロに恋をしていた。学校では苦沙弥の教え子がラブレターを送ったことで退学になってしまう。

タイトルとURLをコピーしました