洋画洋画ドラマ

アンナと過ごした4日間

洋画

CZTERY NOCE Z ANNA/QUATRE NUITS AVEC ANN
製作年度:(2008)
製作国:ポーランド/フランス

出演: アルトゥル・ステランコ, キンガ・プレイス, イェジ・フェドロヴィチ, バルバラ・コウォジェイスカ
監督: イエジー・スコリモフスキ

解説

第21回東京国際映画祭で、審査員特別賞を受賞した話題作。向かいに住む女性の部屋をのぞかずにいられない男の悲しい心理と行く末を、サスペンスフルなタッチで描いていく。監督は『早春』などで知られるポーランドの巨匠であり、『イースタン・プロミス』には俳優として出演しているイエジー・スコリモフスキー。絵画的な画面構成、奇怪な音響設計など、17年ぶりに新作を手掛けたスコリモフスキー監督の魅力が存分に堪能できる究極の片思い映画だ。

あらすじ

病院の火葬場で働きながら、年老いた祖母と二人で暮らすレオン(アルトゥール・ステランコ)。彼の楽しみは、近くの看護師寮に住むアンナ(キンガ・プレイス)の部屋を毎晩のぞき見ることだった。そんなある日、出掛けた先で雨が降ってきてしまい、家路を急いでいたレオンは、小屋で男にレイプされているアンナの姿を目撃するが……。

タイトルとURLをコピーしました