洋画洋画ドラマ

白い馬

洋画

CRIN BLANC: LE CHEVAL SAUVAGE
製作年度:(1952)
製作国:フランス

出演: パスカル・ラモリス, サビーヌ・ラモリス, ジョルジュ・セリエ, ヴラディミール・ポポフ, ポール・ペレー
監督: アルベール・ラモリス

解説

1953年のカンヌ国際映画祭でグランプリに輝いたアルベール・ラモリス監督の名作がデジタルリマスター版で復活。南フランスの荒地を舞台に、“白いたてがみ”と呼ばれる美しい荒馬と、彼と心を通わせ、次第に強いきずなで結ばれる少年の物語が展開する。歳月を経ても決して色あせることのない、アルベール監督の作品世界が感動的。シンプルなストーリーとナレーション、さらにはモノクロームの映像で構成された、まさに伝説の一作だ。

あらすじ

南仏カマルグの荒地に、野生馬の一群が生息していた。地元の牧童たちは群れのリーダー、“白いたてがみ”を何とかして捕らえようとするが、逃げられるばかり。そんなある日、漁師の少年フォルコ(アラン・エムリイ)が、ついに牧童たちに捕らわれた“白いたてがみ”の姿を目撃。フォルコは彼を牧童から守りたいと願うが……。

タイトルとURLをコピーしました