邦画邦画ドラマ

群青色の、とおり道

邦画

製作年度:(2014)
製作国:日本

出演: 桐山漣, 升毅, 宮崎美子, 安田聖愛, 杉野希妃
監督: 佐々部清

解説

群馬県の太田市、新田郡尾島町、新田町、藪塚本町の合併10周年記念事業の一環として製作された青春ドラマ。10年ぶりに故郷の太田市へと戻ったミュージシャン志望の青年が、家族や同級生たちと交流を通じて未完成であった曲を完成させていく。メガホンを取るのは、『半落ち』などの佐々部清。『仮面ライダーW(ダブル)』シリーズなどの桐山漣、ベテランの升毅、宮崎美子、井上順らが顔をそろえる。温かな物語もさることながら、太田市の風景や祭事を捉えた映像の数々にも引き込まれる。

あらすじ

ミュージシャンになることを夢見て、勘当同然で群馬県太田市から東京へと飛び出した佳幸(桐山漣)。父親の年男(升毅)から連絡を受け、彼は10年ぶりに里帰りをすることに。厳格さの消えた年男、気丈で明るいままの母・明子(宮崎美子)、高校生となった妹・幸恵(安田聖愛)、そして教師として小学校で働くクラスメートの唯香(杉野希妃)と再会する。彼らと触れ合い、生まれ育った街の風景を眺めながら、自分を支えてくれていた人々と故郷への思いをかみしめながら、佳幸は10年間未完成であった曲を作り上げる。

タイトルとURLをコピーしました