邦画邦画ドラマ

縁 ~The Bride of Izumo~

邦画

製作年度:(2015)
製作国:日本

出演: 佐々木希, 井坂俊哉, 平岡祐太, りりィ, 藤本敏史
監督: 堀内博志

解説

『呪怨 -終わりの始まり-』などの佐々木希をヒロインに迎え、『2046』などの撮影の巨匠クリストファー・ドイルが撮影監督を担当したヒューマンドラマ。日本の原風景が残る島根県出雲市を舞台に、時を超えて結び付く人間同士がたぐり寄せる不思議なつながりを映す。『キッズ・リターン 再会の時』などの平岡祐太が、主人公の婚約者を好演。出雲出身の新鋭堀内博志監督が描く風景と物語に魅了される。

あらすじ

都内大手出版社でウエデイング情報誌の編集者として働く真紀(佐々木希)は、翌月には結婚式を執り行う予定だった。そんな中、自分を育ててくれた祖母あきゑがこの世を去り、遺品の整理中に彼女は、桐の箱に残された白無垢(むく)と共に束ねた婚姻届を発見する。真紀は婚約者の和典(平岡祐太)と一緒に、幼少時に暮らした島根県出雲市へと向かう。

タイトルとURLをコピーしました