洋画洋画ドラマ

街のあかり

洋画

LAITAKAUPUNGIN VALOT
LIGHTS IN THE DUSK
LICHTER DER VORSTADT
LES LUMIERES DU FAUBOURG
製作年度:(2006)
製作国:フィンランド/ドイツ/フランス

出演: ヤンネ・フーティアイネン, マリア・ヤンヴェンヘルミ, マリア・ヘイスカネン
監督: アキ・カウリスマキ

解説

『浮き雲』で人間賛歌を、『過去のない男』で再生のドラマを語ったフィンランドの名匠アキ・カウリスマキの“敗者三部作・最終章”。人間性の回復をテーマに、街の片隅で生きる男の生き様が描かれる。『過去のない男』や『10ミニッツ・オールダー 人生のメビウス』のカウリスマキ監督編にも出演したヤンネ・フーティアイネンが孤独な主人公を好演。チャップリンの名作『街の灯』へのオマージュも込められた、感動的なヒューマンドラマに仕上がっている。

あらすじ

友情にも家族の愛情にも恵まれず、1人で孤独に生きる夜警員の男コイスティネン(ヤンネ・フーティアイネン)。ある日、彼はマフィアの男とその情婦ミルヤ(マリア・ヤンヴェンヘルミ)の策略により、ショッピングセンターの宝石を強奪した罪をなすりつけられてしまう。しかし、ミルヤの愛を信じるコイスティネンは……。

タイトルとURLをコピーしました