邦画邦画ドラマ

アンダンテ ~稲の旋律~

邦画

製作年度:(2009)
製作国:日本

出演: 新妻聖子、筧利夫、秋本奈緒美
監督: 金田敬

解説

音楽教師を目指すも挫折したヒロインが、自然農業に取り組む男性と出会い、生きる喜びを再発見する感動ドラマ。自らの体験を主人公に投影した旭爪あかねによる原作を基に、他人や自分を信じることの意味を四季の変遷を実感する農作業を通して映し出す。ヒロインを数々のミュージカルで高い評価を得ている新妻聖子が務め、彼女を導く農業家を筧利夫が好演。美しい千葉県の農村を舞台に紡がれる、食と農と大地、人間賛歌の物語に考えさせられる。

あらすじ

母親(宇津宮雅代)の教育で音楽の道を歩む薮崎千華(新妻聖子)は厳しい競争や人間関係になじめず、部屋に引きこもってしまう。すべてに挫折した千華はあてもなく千葉・横芝光町にたどり着くが、ひょんなことから独自の哲学で食と農業問題に取り組む広瀬晋平(筧利夫)に誘われ、農業に従事することになり……。

タイトルとURLをコピーしました