邦画 邦画時代劇

太閤記 ~サルと呼ばれた男~

邦画

製作年度:(2003)
製作国:日本

出演: 草ナギ剛, 国仲涼子, 石黒賢, 宮迫博之, 原田龍二
監督: 鈴木雅之

解説

貧農の出の木下藤吉郎(草なぎ剛)は、虐げられている農民を救うため武士を目指した。松下嘉兵衛(中井貴一)の家来を経て、織田信長(藤木直人)に仕えるよになった、藤吉郎は、その卓越した知恵と気配り、そして才能を認められ、瞬く間に台所方に昇進。戦にも参加するようになるが、彼は血を嫌い、人を斬ることができない。その頃、信長の墨俣に一夜で城を作れという無理難題を誰もが尻込みする中、藤吉郎は実弟・小一郎(風間俊介)野武士の小六(松重豊)の協力を仰ぎ、斬新な方法で築城に成功。次々に信長の希望を叶え、信頼を得ていく。そんな折、、ある戦で彼は弟・小一郎の危機を救うため、ついにその手を血で染めてしまう。初めて人を斬り、ショックのあまり人が変わってしまった秀吉に、信長は、あこがれのお市の方が嫁いでいる、浅野討伐を命ずるのであった…。

タイトルとURLをコピーしました