邦画邦画時代劇

新選組始末記

邦画

製作年度:(1963)
製作国:日本

出演: 市川雷蔵, 城健三朗(若山富三郎), 松本錦四郎, 小林勝彦
監督: 三隅研次

解説

子母沢寛のデビュー作であり新選組研究の古典でもある同名小説をもとに「零戦黒雲一家」の星川清司が脚本を書き「斬る」の三隅研次がメガホンをとった。おなじみの題材である新選組を、その中心人物ではなく山崎蒸という隊士の視点で描いている。土方歳三をクールに演じた天知茂が印象に残る。  剣こそ男の生きる道と信じる山崎烝は、恋人である志満の反対を振り切って、壬生の新選組に入った。だが局長の芹沢鴨は粗暴で、烝が尊敬する近藤勇の苦言は一向に聞き入れられなかった。土方歳三は芹沢の腹心を切腹に追い込み、さらに泥酔した芹沢をも斬殺。烝は土方のやり方に反発、黙認する近藤も詰った。ある夜、誤って公儀役人を斬ってしまった烝は、近藤に命じられ勤王浪士たちの動向を見張る探偵方になり、池田屋に集まる浪士たちを発見する。

タイトルとURLをコピーしました