邦画邦画ドラマ

薔薇の葬列

邦画

製作年度:(1969)
製作国:日本

出演: ピーター, 土屋嘉男, 小笠原修
監督: 松本俊夫

解説

前衛的なドキュメンタリー作品で知られる松本俊夫が、脚本・監督を務めた初の長編劇映画。オイディプス王の悲劇をモチーフに、前衛的かつ実験的な作品に仕上がっている。スタンリー・キューブリックに影響を与えたという逸話もある。  ゲイバーのジュネで働くエディは、オーナーの権田と関係を持った。エディは権田から「ママのレダを辞めさせる」「お前がママだ」とささやかれ、自分の母親を思い出していた。女手一つで自分を育ててくれた母親の情事を見てしまったエディは、発作的に母親を殺してしまったのだった。エディとレダの関係は悪化、レダの顔を傷つけようとして失敗したレダは、権田に捨てられ自殺してしまう。エディはママの座を得て喜ぶが、権田は自分とエディの本当の関係を知り…。

タイトルとURLをコピーしました