邦画邦画ドラマ

八月の狂詩曲(ラプソディー)

邦画

製作年度:(1991)
製作国:日本

出演: 吉岡秀隆, 大寶智子, 伊崎充則, リチャード・ギア
監督: 黒澤明

解説

黒澤明監督が村田喜代子の原作を基に、かつて原爆を体験した祖母の許を訪れた4人の孫が体験するひと夏の出来事を描き、反核を訴える感動ドラマ。夏休み。長崎から少し離れた山村に住む老婆・鉦の許に4人の孫たちがやってきた。都会の生活に慣れた孫たちは田舎の生活に退屈を覚えながらも、長崎の街にある戦争の傷跡や鉦が話す昔話を聞いて、戦争に対する考えを深めていく……。その反核に対するストレートな表現が賛否を呼んだが、ラストのシーンには誰もが胸を打たれることだろう。

タイトルとURLをコピーしました