洋画 洋画ドラマ 洋画ラブロマンス

愛するちから

洋画

CELLE QUE J’AIME
製作年度:(2009)
製作国:フランス

出演: バーバラ・シュルツ, マルク・ラヴォワーヌ, ジェラール・ダルモン, アントン・バレクジアン
監督: エリ・シュラキ

解説

美人のシングルマザーと、10歳の男の子、そしてそのボーイフレンドの三角関係を描くラブロマンス。母親の恋人が気に入らない子供の葛藤と、両者の和解を描きます。スレンダーでセクシーな母親を演じたバーバラ・シュルツの美しさも見どころです。監督を務めたのは、「戦場のジャーナリスト」のエリ・シュラキ。

あらすじ

10歳の男の子アシルは、離婚した美人のママと、ママのボーイフレンドのアントワーヌとの3人暮らし。アントワーヌが気に入らないアシルは、嫌がらせで対抗する毎日を送る。ある日、アシルはアントワーヌが浮気しているように仕掛けをして……。

タイトルとURLをコピーしました