邦画 邦画アクション 邦画時代劇

柳生武芸帳 (1957)

邦画

製作年度:(1957)
製作国:日本

出演: 三船敏郎, 鶴田浩二, 久我美子, 香川京子
監督: 稲垣浩

解説

五味康祐の同名小説を「嵐」の稲垣浩が脚本・監督したオールスター時代劇。「空の大怪獣 ラドン」の木村武が共同で脚本を執筆。撮影は「天上大風」の飯村正、音楽は「大阪物語」の伊福部昭がそれぞれ担当している。本作に引き続き続編「柳生武芸帳 双竜秘剣」が製作された。  天下を揺るがす内容が記されているという柳生武芸帳。もともと柳生家に伝わっていたものが、今では柳生家、鍋島藩、そして薮大納言の家に一巻ずつ保管されていた。だが鍋島藩の一巻が、お家再興を願う龍道寺家の夕姫の手に渡ったことから、忍者の頭領である山田浮月斎は霞の多三郎と弟の千四郎を江戸に差し向ける。多三郎は夕姫に想いを寄せるようになり、浮月斎から破門を言い渡されてしまう。薮大納言の家にあった武芸帳が大久保彦左衛門の屋敷に移ったことを知った柳生但馬守は、息子の又十郎を女性に変装させ、屋敷に潜入させるのだったが…。

タイトルとURLをコピーしました