洋画 洋画ホラー

ザ・ヴァンパイア ~残酷な牙を持つ少女~

洋画

A GIRL WALKS HOME ALONE AT NIGHT
製作年度:(2014)
製作国:アメリカ
映倫 PG12

出演: シェイラ・ヴァンド, アラシュ・マランディ, マーシャル・マネシュ, モジャン・マーノ, ドミニク・レインズ
監督: アナ・リリ・アミリプール

解説

孤独な吸血鬼の少女と人間の青年の運命的な出会いを、イランの架空の町を舞台に描いたヴァンパイアムービー。気鋭の女性監督アナ・リリー・アミールポアー初の長編作で、モノクロの映像美、絶妙な音楽センスがサンダンス映画祭など世界各地の映画祭で高い評価を得た。『ブラック・ハッカー』などのイライジャ・ウッドが製作総指揮に名を連ねている。美しきヴァンパイアを、『アルゴ』などのシェイラ・ヴァンドが演じる。

あらすじ

麻薬に溺れた者や娼婦(しょうふ)がうろつく希望のかけらもないゴーストタウン、バッド・シティを夜な夜な徘徊(はいかい)する黒衣の美少女(シェイラ・ヴァンド)。その正体は、町の悪人たちを襲っては血を吸うヴァンパイアだった。ある夜、孤独な青年(アラシュ・マランディ)と出会った彼女は、運命に導かれるように彼と心を通わせていくが……。

タイトルとURLをコピーしました