邦画 邦画ドラマ

キミとボク

邦画

製作年度:(2011)
製作国:日本

出演: 中村蒼, 坂本真綾, 小林優斗, 中村映里子, 谷川昭一朗
監督: 窪田崇

解説

クリエイターとして多方面で活躍するやまがらしげとの実話を原案にしたFlashアニメーションを、書籍化に続いて実写映画化した感動ストーリー。アメリカンショートヘアの猫と漫画家を目指す青年が出会い、心の交流とやがて訪れる別れのドラマを、優しい目線で切々と映し出す。『BECK』『大奥』の中村蒼が主人公の青年を好演するほか、猫の銀王号の声を『劇場版 空の境界』シリーズ、アニメ「黒執事」の坂本真綾が担当。大切な家族との別れを描くテーマに共感確実。

あらすじ

ある年の七夕の日、漫画家を目指すべく上京してきた青年(中村蒼)が、アメリカンショートヘアの子猫と出会い、一緒に暮らし始める。七夕にちなみ、銀王号と名付けられた子猫と青年は、さまざまな交流を経て家族のような関係になっていく。やがて10年の歳月が流れ、銀王号の体に異変が生じ……。

タイトルとURLをコピーしました