洋画 洋画ファンタジー

美女と野獣 (1946)

洋画

LA BELLE ET LA BETE
製作年度:(1946)
製作国:フランス

出演: ジャン・マレー, ジョゼット・デイ, マルセル・アンドレ, ミシェル・オークレール, ミラ・パレリ
監督: ジャン・コクトー

解説

昔、年老いた商人がいた。末娘のベルは美しく優しい娘で、いつも意地悪の二人の姉にいじめられていた。彼女は腕白な兄の友達アヴナンから求婚されていたが、父の世話をするために拒んでいた。父は自分の船が沈んだと思っていたので破産を覚悟していたが、その一隻が無事入港したと聞いて喜んだ。二人の姉は宝石や衣裳をお土産にねだったが、ベルは唯バラの花が欲しいといった。父が港に着いてみると船は債権者に押収されてしまい止む無く夜道を馬に乗って帰ってくる途中、いつの間にか道に迷ってこれまで見たことも聞いたこともない荒れ果てた古城に行き当たった。人影もなく静まり返った場内の異様な恐ろしさに逃げ出して庭に出るとそこには香しいバラの花が咲き誇っていた。その花を一輪手折ったとき、突如眼前に一個の怪物が現れて立ちふさがった。形は人間だが全身に毛がそそり立ち、物凄い形相をして彼を睨んでいた・・・。

タイトルとURLをコピーしました