邦画邦画ホラー

ひとりかくれんぼ 劇場版 -真・都市伝説-

邦画

製作年度:(2012)
製作国:日本

出演: 野中美郷(AKB48・チームK), 鮎川太陽, 替地桃子, 田中涼子
監督: 鳥居康剛

解説

インターネットを通じて若者の間で広まった都市伝説「ひとりかくれんぼ」を題材にした本格ホラーシリーズ第3弾。降霊術の一種である「ひとりかくれんぼ」をモチーフに映画を撮影するため、深夜の学校に集まった高校生たちが遭遇する恐怖を描く。主演は、本作が映画初出演となるアイドルグループAKB48の野中美郷。共演にはテレビドラマ「3年B組金八先生」の鮎川太陽、演劇ユニット「Girl〈s〉ACTRY」の替地桃子らが名を連ねる。

あらすじ

高校生の倉田さくら(野中美郷)と塚本康介(鮎川太陽)は映画部に所属している。彼らは、都市伝説として流行している「ひとりかくれんぼ」という降霊術をテーマに映画を撮影するべく、部員を集める。「ひとりかくれんぼ」を通じて恐怖を体験し、それをホラー映画に仕立ててコンクール入賞をもくろむ彼らは顧問を説得し、深夜の学校で撮影する許可をもらう。その夜、撮影のため行った儀式が思いも寄らぬ恐怖を呼び起こし……。

タイトルとURLをコピーしました