洋画洋画ドラマ洋画伝記

チャーリー

洋画

CHAPLIN
製作年度:(1992)
製作国:アメリカ

出演: ロバート・ダウニー Jr., ジェラルディン・チャップリン
監督: リチャード・アッテンボロー

解説

アッテンボロー監督による、喜劇王チャーリー・チャップリンの生涯を描いた作品。映画は、チャップリンが幼少の頃から、名門カルノー一座の看板俳優時代、そしてハリウッドでの映画製作、富と名声を得、やがて映画「チャップリンの独裁者」の製作に纏わる国外追放、終戦後のアメリカへの帰国から白髪のはえるまで、彼の一生を克明に追って行きながら、その中での孤独、悲しみ、苦しみ、さらには母、兄弟、恋人などの彼に関わる人物をも含み、チャップリンの人生の軌跡を描いてゆく。

タイトルとURLをコピーしました