洋画洋画ドラマ

裸足の伯爵夫人

洋画

THE BAREFOOT CONTESSA
製作年度:(1954)
製作国:アメリカ

出演: ハンフリー・ボガート, エヴァ・ガードナー, ロッサノ・ブラッツィ, エドモンド・オブライエン
監督: ジョセフ・L・マンキーウィッツ

解説

マドリッドのカフェで踊る裸足のダンサー、マリアに目をつけた映画監督のハリーは彼女をスカウト。チネチッタ撮影所での新作に起用し、作品は大ヒット。マリアはたちまち大スターとなる。妻殺しで起訴された父の法廷に立つという怖いもの知らずの行動もプラスに評価され、彼女はまさに飛ぶ鳥を落とす勢いだった。リビエラへと赴いたマリアは、そこでファブリーニ伯爵に見初められ、早速週末のパーティのゲストに迎えられる。そして、求婚。かつての裸足のダンサーは伯爵夫人となるのだが……。

タイトルとURLをコピーしました