洋画洋画コメディ洋画サスペンス

ピアース・ブロスナン サルベーション

洋画

SALVATION BOULEVARD
製作年度:(2011)
製作国:アメリカ

出演: ピアース・ブロスナン, ジェニファー・コネリー, エド・ハリス, グレッグ・キニア, マリサ・トメイ
監督: ジョージ・ラトリフ

解説

ピアース・ブロスナン主演のブラック・コメディ。聖職者が自らの罪を無実の男に被せようと画策したことから巻き起こる大騒動をブラックな笑いで綴る。共演はグレッグ・キニア、エド・ハリス、ジェニファー・コネリー。監督は「ジョシュア 悪を呼ぶ少年」のジョージ・ラトリフ。多くの信者を抱える新興宗教の牧師ダン・デイ。ある時、彼は無神論者の大学教授と討論会を行う。2人の舌戦を、ダンの熱狂的なファンであるグウェンとその夫カールも見守っていた。その夜、ダンと教授はカールも交えて酒を酌み交わす。その最中、ダンが持っていた銃が突然暴発、教授は撃たれて意識不明に。ところがダンは、動揺するカールを言いくるめて教授が自殺したように偽装工作を行うのだった。

タイトルとURLをコピーしました