邦画邦画ドラマ邦画ラブロマンス

コトバのない冬

邦画

製作年度:(2008)
製作国:日本

出演: 高岡早紀, 渡部篤郎
監督: 渡部篤郎

解説

俳優の渡部篤郎が初監督に挑んだ異色の人間ドラマ。北海道の小さな町を舞台に、ほんの少しの時間だけ記憶を失った女性と言葉を発しない男性の交流をつづる。変化のない日常を幸せに生きるヒロインを務めるのは、『忠臣蔵外伝 四谷怪談』『長い散歩』の高岡早紀。渡部篤郎自身が相手役を務め、広田レオナや鈴木一真など一癖ある俳優が脇を固める。しんしんと雪の降る静かな時間を切り取り、リテイクなしで俳優たちの自然体を映し込んだ演出に注目。

あらすじ

北海道のある小さな町。父親と暮らす黒川冬沙子(高岡早紀)は、単調ながらも幸せな日々を送っていた。ある日、閉鎖された遊園地で一人の男(渡部篤郎)と出会う。男はコトバを話せなかった。しばらくして、冬沙子は仕事先で落馬事故を起こす。大事には至らなかったが、少しの間の記憶をなくしてしまっていた。

タイトルとURLをコピーしました