洋画洋画ファンタジー洋画ラブロマンス

メアリー・ピックフォードの シンデレラ

洋画

CINDERELLA
製作年度:(1914)
製作国:アメリカ

出演: メアリー・ピックフォード, オーウェン・ムーア, アイネズ・マルセル, イザベル・ヴァーノン
監督: ジェームズ・カークウッド

解説

継母とその娘達に虐待され召使いの様に扱われるシンデレラ(灰かぶり)。
ある日、森の中で素敵な王子に出会います——-彼の名はチャーミング王子。
シンデレラは王子の花嫁探しに開かれるお城のビッグボール・パーティに参加したいと願っています。
しかし継母たちに許されるわけがなく、家の掃除を申し付けられたシンデレラ。
その彼女の前に『救いの妖精』が現れパーティに参加したいと云うシンデレラの願いを聞き入れます。
妖精は魔法でネズミを馬や使用人に、ボチャを馬車に、ボロ切れをドレスとガラスの靴に変えるのでした。
しかし、真夜中の12時にまでに戻らないと魔法が解けてしまうと忠告します。

タイトルとURLをコピーしました