邦画邦画青春

でーれーガールズ

邦画

製作年度:(2014)
製作国:日本

出演: 優希美青, 足立梨花, 白羽ゆり, 安蘭けい, 須賀健太
監督: 大九明子

解説

人気作家・原田マハの小説を実写化した青春ドラマ。1980年と現在の岡山を舞台に、ある少女たちが育む友情の行方を見つめていく。メガホンを取るのは、『モンスター』などの大九明子。少女期のヒロインたちを『空飛ぶ金魚と世界のひみつ』などの優希美青と『Good Luck 恋結びの里』などの足立梨花が、大人になった二人を共に宝塚出身の白羽ゆり、安蘭けいが力演する。

あらすじ

1980年。東京から岡山へ転校した鮎子(優希美青)は、標準語を話すことからクラスになじめず、「ものすごい」を意味する岡山弁「でーれー」を頻繁に使って溶け込もうとするものの空回り。憧れている大学生ヒデホ(矢野聖人)と自分を主人公にした恋愛マンガを描いて心の支えにする彼女だが、それを同級生の武美(足立梨花)に読まれてしまう。その続きを読みたがる武美と友情を育んでいくが、ある出来事が原因で仲たがいをしてしまう。それから30年後、漫画家となった鮎子(白羽ゆり)は岡山を訪れるが……。

タイトルとURLをコピーしました