邦画邦画ギャンブル邦画ヤクザ

博奕打ち 総長賭博

邦画

製作年度:(1968)
製作国:日本

出演: 鶴田浩二, 藤純子, 桜町弘子, 金子信雄, 若山富三郎
監督: 山下耕作

解説

笠原和夫のオリジナル脚本を山下耕作が監督した「博奕打ち」シリーズの第四作目。三島由紀夫がギリシア悲劇を引き合いに出して賞賛するなど高い評価を得ており、任侠映画の傑作と称される。  昭和9年、天龍一家の組長である荒川が脳溢血で倒れてしまい、跡目の相続問題が浮上する。推薦された中井信次郎は辞退し、兄弟分で服役中の松田を推す。しかし組長の舎弟である仙波は組長の娘婿である石戸を二代目に決定。出所した松田は勝手な決定に腹を立て、石戸に殴り込みをかけた。仙波は松田を謹慎処分とし、石戸を利用して荒川一家を右翼に売り渡そうとしていた。中井から仙波の真意を聞かされた石戸は、二代目を襲名した直後に仙波の手下に殺害されてしまう。

タイトルとURLをコピーしました