洋画 洋画ドキュメンタリー

ちいさな哲学者たち

洋画

CE N’EST QU’UN DEBUT
JUST A BEGINNING
製作年度:(2010)
製作国:フランス

出演: ジャック・プレヴェール幼稚園の園児たち、先生たち
監督: ジャン=ピエール・ポッツィ, ピエール・バルジエ

解説

哲学のクラスを設けて考える力を養うユニークな教育方法が採用されているパリ郊外にある幼稚園の活動を追うドキュメンタリー。『イン・マイ・スキン 人には言えない、私が本当にしたいこと』で撮影を務めたピエール・バルジェがカメラを回し、普通の幼稚園では教えない哲学を学ばせることで変化する園児の成長と変化をつぶさに観察する。人種問題や死について語る園児たちの姿に、教育の可能性について再考を迫られる興味深い一作。

あらすじ

1960年代に「こどものための哲学」という研究がコロンビア大学の教授によって提唱され、その理論をパリ郊外にある幼稚園では実践していた。それは哲学の勉強クラスを設けることで子どもたちが自分で考える力を養うユニークな教育法で、園児たちが愛や人種などのテーマで語り合うという斬新な試みにカメラが迫る。

タイトルとURLをコピーしました