邦画 邦画文芸

潮騒 (1975)

邦画

製作年度:(1975)
製作国:日本

出演: 山口百恵, 三浦友和, 初井言栄, 中村竹弥
監督: 西河克己

解説

三島由紀夫による同名小説の、四回目の映画化。今回の主役は山口百恵と三浦友和のゴールデンコンビ。須崎勝彌が脚色し西河克己が監督した。  伊勢湾の歌島に住む漁師の新治は、夕暮れの浜で夕日を見つめる少女を見かける。彼女は村一番の金持ちである宮田照吉の娘の初江で、一人息子を失った照吉が婿を取ることにしたのだ。強風で漁が休みになった日、新治は観的哨跡で初江と会い意気投合、またこの秘密の場所で会うことを約束する。嵐が吹き荒れた日、びしょ濡れになった新治と初江は観的哨跡で、たき火をはさんで裸になった。やがて噂が村中に広がり、二人の仲は引き裂かれてしまう。新治は日の出丸に乗り込み訓練を受けることになったが、そこに初江の婿となる安夫が乗り込んできた。

タイトルとURLをコピーしました