邦画 邦画ドラマ

ハードロマンチッカー

邦画

製作年度:(2011)
製作国:日本
映倫 R15+

出演: 松田翔太, 永山絢斗, 柄本時生, 遠藤要, 渡部豪太
監督: グ スーヨン

解説

高校を中退したフリーター青年グーが、暴力とセックスがはびこる世界でたくましく生きていく姿を描く衝撃作。『偶然にも最悪な少年』のグ・スーヨンが、自身の著書を映画化。主人公のグーを、『ケンタとジュンとカヨちゃんの国』などの松田翔太が演じる。共演は『罪とか罰とか』の永山絢斗、『いま、会いにゆきます』の中村獅童ら。肉体のみならず心にも突き刺さるようなバイオレンスシーンと刹那(せつな)的な青春ドラマの行方に注目だ。

あらすじ

下関に生まれ、街を歩けば幼いころからの顔なじみのヤクザ・庄司(真木蔵人)に危険な物を無理やり渡されたり、刑事の藤田(渡部篤郎)に絡まれたりするフリーターのグー(松田翔太)。ある日、後輩の辰(永山絢斗)とマサル(柄本時生)が敵対関係にある高校生の家に殴りこみ、それを聞いたグーは、事件の真相を求めて奔走するが……。

タイトルとURLをコピーしました