洋画洋画ドラマ

戦艦ポチョムキン

洋画

BRONENOSETS POTYOMKIN
BATTLESHIP POTEMKIN
製作年度:(1925)
製作国:ソ連

出演: アレクサンドル・アントーノフ, グレゴリー・アレクサンドロフ, ウラジーミル・バルスキー, ミハイル・ゴモロフ
監督: セルゲイ・エイゼンシュテイン

解説

帝政ロシア末期。
戦艦ポチョムキンでは、上官たちの弾圧に水兵たちの不満が募るばかりだった。
反乱を企てるワクリンチュク(アレクサンドル・アントノーフ)だったが、先任官の銃弾に倒れてしまう。
ワクリンチュクを弔うため、ポチョムキン号はオデッサの都へ向かう。
その港町で、水兵たちの信念は市民の心をとらえ、反乱が革命へと膨れ上がるのだった!
映画史の中でその名をゆるぎないものにした、巨匠エイゼンシュテインの代表作!
監督自身も神父役を演じている。

タイトルとURLをコピーしました