邦画邦画ヤクザ

緋牡丹博徒 お竜参上

邦画

製作年度:(1970)
製作国:日本

出演: 藤純子, 嵐寛寿郎, 菅原文太, 山城新伍, 若山富三郎
監督: 加藤泰

解説

藤純子扮する“緋牡丹のお竜”こと矢野竜子が主役の「緋牡丹博徒」シリーズ6作目。監督は3作目の「緋牡丹博徒 花札勝負」でもメガホンをとった加藤泰。同作の流れを引き継いだストーリーで、雰囲気のある浅草界隈を作り出した美術監督の井川徳道によるセットも見もの。藤純子が迫力ある、そして静かな任侠の女を見事に演じている。雪の今戸橋、お竜が常次郎を見送り、ミカンを渡すシーンは圧巻。  お竜は、数年前に亡くなった偽のお竜ことお時の娘、君子(お君)を探して旅を続けていた。渡世人の青山常次郎から情報を得て浅草に向かったお竜は、その界隈を取り仕切っている鉄砲久の一家に草鞋を脱ぐ。同じ浅草を縄張りとして取り仕切っている鮫洲政の一家との対立の中、スリとして生きていたお君と再会を果たす。両家の抗争はますます白熱していくのだが…。

タイトルとURLをコピーしました