邦画邦画ファンタジー邦画ホラー邦画学園

華鬼 三部作~響×桃子編

邦画

製作年度:(2009)
製作国:日本

出演: 荒木宏文, 逢沢りな, 細貝圭, 川村ゆきえ
監督: 寺内康太郎

解説

平凡な少女たちと若い男の姿をした鬼たちが繰り広げる学園ファンタジー、「華鬼」シリーズ劇場版の最終章。フィナーレを飾る本作では、将来を約束した意中の鬼にふられ孤独感を募らせる鬼の花嫁が、鬼の頭である華鬼の失脚を狙う男と出会ったことで激しい殺意を抱く姿を描く。華鬼のライバルを「仮面ライダーディケイド」の村井良大が、嫉妬(しっと)に駆られるヒロインを加護亜依が好演。少女たちと鬼たちがたどる衝撃の結末に期待が高まる。

あらすじ

鬼の花嫁として鬼か里高校に入った土佐塚桃子(加護亜衣)は、将来を約束していた鬼にふられ、ほかの鬼の花嫁たちから好奇の目にさらされてしまう。桃子は鬼の頭の刻印を持つというだけで優遇される神無に激しい嫉妬(しっと)心を抱くが、そんな彼女の前に鬼の頭・華鬼を失脚させようともくろむ堀川響(村井良大)という男が現われる。

タイトルとURLをコピーしました