洋画洋画コメディ洋画青春

21オーバー 最初の二日酔い

洋画

21 & OVER
製作年度:(2012)
製作国:アメリカ
映倫 PG12

解説

『ハングオーバー』シリーズ第1作の脚本を担当したジョン・ルーカスとスコット・ムーアがメガホンを取ったコメディー。21歳の誕生日を祝って酒を飲んだ医大生とその友人たちが、泥酔して大騒動を巻き起こす。『ラビット・ホール』のマイルズ・テラー、『トワイライト』シリーズのジャスティン・チョンらが出演。畳み掛ける笑いの応酬に加え、友情の尊さを見つめたドラマ部分にも魅了される。

あらすじ

スタンフォード大の医学生ジェフ(ジャスティン・チョン)の21歳の誕生日を祝おうと、高校時代の悪友であるミラー(マイルズ・テラー)とケーシー(スカイラー・アスティン)が押し掛けてくる。ビール1杯でさっさと終わらせようと考えていたジェフだったが、ミラーたちと仲良くそろってベロベロに酔ってしまう。行く先々でトラブルを起こしまくり、気付くと見知らぬ場所に。二日酔い状態のジェフを家へ送ろうとするミラーとケーシーだが、彼が留年寸前で寮を追い出され、何度も自殺を図ろうとしていたことを知り……。

タイトルとURLをコピーしました