洋画洋画アクション

ラストマン・スタンディング

洋画

LAST MAN STANDING
製作年度:(1996)
製作国:アメリカ

出演: ブルース・ウィリス, クリストファー・ウォーケン, ブルース・ダーン
監督: ウォルター・ヒル

解説

黒澤明の傑作「用心棒」を、W・ヒルが30年代のギャング社会の設定でリメイクしたアクション映画。アイルランド系とイタリア系のギャングが睨み合う町、ジェリコ。そこに訪れたジョン・スミスは、絡んできた男たちを二丁拳銃であっと言う間に始末する。彼を仲間に引き入れようと二つの勢力が動き出して……。

あらすじ

テキサス州ジェリコ。
まともな人間なら避けて通るこの埃にまみれた町に、訳ありの殺し屋ジョン・スミスが姿を現す。
そこは禁酒法時代の2組のギャングがにらみ合う、暴力が支配する土地。
だがスミスにとって、ジェリコはおあつらえ向きの場所だった。
なぜならこの男は、血で血を洗う抗争の双方に肩入れして、漁父の利を得る術を知っていたから…。

タイトルとURLをコピーしました