邦画 邦画アクション 邦画時代劇

座頭市血煙り街道

邦画

製作年度:(1967)
製作国:日本

出演: 勝新太郎, 近衛十四郎, 高田美和, 朝丘雪路, 中尾ミエ
監督: 三隅研次

解説

子母沢寛の原作を、『兵隊やくざ殴り込み』の笠原良三が脚色、『なみだ川』の三隅研次が監督した“座頭市”シリーズ第17作目。撮影はコンビの牧浦地志。

あらすじ

市が最初に多十郎と会ったのは、5人のやくざに襲われた時だ。一瞬の居合斬りでやくざを倒した市を、多十郎が見ていたのだ。ある旅篭で、市は病死したおみねから、良太を預かった。おみねは夫庄吉を尋ねての旅の途中、病で倒れてしまったのだった。市は良太と共に前原にいるという庄吉を尋ねて、再び旅をつづけた。途中、旅芸人一座のともえと知り合った市は、一座が万造一家に無理難題をふっかけられた時、再び多十郎と会った。多十郎は万造一家に峰打ちをくらわせ、ともえの難儀を救ったのだった。

タイトルとURLをコピーしました