洋画 洋画ラブロマンス

嵐が丘 (1939)

洋画

WUTHERING HEIGHTS
製作年度:(1939)
製作国:アメリカ

出演: ローレンス・オリヴィエ, マール・オベロン, デヴィッド・ニーヴン, ドナルド・クリスプ
監督: ウィリアム・ワイラー

解説

寒風が肌を刺す荒地に建つ邸“嵐が丘”の当主は町で拾った男の子をヒースクリフと名付けて養子にした、
当主の娘キャシーはあたたかく受け入れるが、
息子は彼を憎み、父の死後は虐待した。
愛するキャシーは他人に嫁いでしまった。
愛憎にさいなまれたヒースクリフは執念に燃えて3年後に舞い戻り、
“嵐が丘”を買い取って主人になる。
キャシーがこの世で愛した男は彼ひとりだった。
ヒースクリフは死んだキャシーに絶叫する。
「お前はわたしのものだ。亡霊となっても訪ねてきてくれ! 」。
映画しに名高い感動のラストである。

タイトルとURLをコピーしました