邦画 邦画エロス 邦画ドラマ

捨てがたき人々

邦画

製作年度:(2012)
製作国:日本
映倫 R18+

出演: 大森南朋, 三輪ひとみ, 美保純, 田口トモロヲ, 内田慈
監督: 榊英雄

解説

生きる事に飽きたひとりの男を主人公に、人間の欲と業を赤裸々に描いた人間ドラマ。久しぶりに故郷の島にふらりと戻った不器用で自堕落な男が、ひとりの薄幸な女性と出会い、苦しみながらも愛と幸せを見つけ出そうと生きる姿を映し出す。原作は、人間の本質を欲望という視点で露悪的なまでに描いたジョージ秋山の原作コミック。グロテスクなまでに欲と業を表す主人公を熱演する大森南朋の、渾身の役作りは必見。大胆なベッドシーンにも挑んだヒロイン役の三輪ひとみの存在感も特筆もの。監督は俳優としても活躍する榊英雄。本作が5本目の監督作となる。ロケが行われた監督の故郷、五島列島の風土にも注目したい。

あらすじ

金も仕事もないひとりの男。生まれ故郷の五島に帰ってきた狸穴勇介。容姿に自信のない彼は、生きる意味すら見出せず空腹を満たすための食欲と、生きる証としての性欲だけが残されていた。そんな勇介に、弁当屋で働く京子だけが笑顔を見せてくれた。勇介はなかば無理やり京子と関係を持ち、そのまま勢いで同居してしまう。思いつきと、行き当たりばったりの人生から、果たして男はどんな幸せを知る事ができるのか…。

タイトルとURLをコピーしました