邦画 邦画アクション 邦画時代劇

伊賀の影丸

邦画

製作年度:(1963)
製作国:日本

出演: 松方弘樹, 山城新伍, 御影京子, 北竜二, 吉田義夫
監督: 小野登

解説

時は戦国時代、京都本能寺で明智光秀は織田信長を暗殺。天下を狙う光秀は、その軍勢を徳川家康へ向けた――。その頃、三年ぶりに伊賀の里へ帰ってきた伊賀の影丸は、変わり果てた故郷を知る。伊賀の忍者たちは、家康に味方する伊賀衆を全滅させるために光秀が差し向けた甲賀七人衆によって無残にも殺された。影丸の父で頭領の百地三太夫も瀕死の重傷を負っており、影丸に家康を守るよう伝えると息絶えてしまう。影丸は、勝どきをあげる甲賀七人衆に挑んでいくが……。
原作は、1961~1966年に「週刊少年サンデー」(小学館刊)にて連載された横山光輝の同名漫画。伊賀の影丸に松方弘樹が扮して若さと情熱を存分に魅せるほか、影丸の恋人・右京に御影京子、影丸と相対する甲賀の首領・阿魔野邪鬼に山城新伍が扮して好演。明智光秀の織田信長暗殺に端を発する伊賀衆、甲賀衆の凄絶な忍者合戦を背景に、雄々しく生き抜く少年・伊賀の影丸が、木の葉がくれの術を駆使して活躍する、血わき肉躍る忍術冒険映画の決定版、待望の初DVD化!

タイトルとURLをコピーしました